部屋のディスプレイの方法について

ディスプレイを成功させるためには、周りの素材や色までを視野に入れて配置に気を配ることがポイントです。
Topics

ディスプレイでは三角形がポイント

部屋のディスプレイの方法について お部屋のディスプレイに悩みを抱える方が沢山いて、初心者でも失敗しない上級テクを使ったディスプレイ作りが話題をよんでいます。お部屋のディスプレイでもっとも肝心なのが、壁や周りの家具の色・素材を意識することにあります。ディスプレイでよく行うのがインテリア家具の上に小物・雑貨類をディスプレイするケースで、この場合にも家具の色とのバランスを取ることもポイントです。例えば、家具が木目調のイエロー系の場合にはオレンジ系・グリーン系の色を選び、木材製の小物で統一するのがオススメですが、同じ物ばかりを飾り過ぎてしまうと単調になりやすく、ディスプレイの数を限定することもポイントですし、飾る場合には遠くから眺めて配置を確かめることも大切です。

さらにディスプレイを失敗しないためには、飾る小物・雑貨を正面から見て三角形など、左右対称に配置することも上級テクニックの1つになっています。飾り方に高低差をつけるテクニックでは、中央に背の高い物・両サイドに背の低い物を配置することでバランスが崩れることなくディスプレイで失敗するケースが少ない魅力があり、花瓶やグラスなどを壁面の広いスペースにディスプレイする際に特にオススメのテクニックです。

Copyright (C)2017部屋のディスプレイの方法について.All rights reserved.